文豪コロシアム×創作論 

3×4=12 先生

② タイトルがすべて!?

①に引き続き、第二回目の創作論も書かせていただきます。読んでくださる皆様には感謝しかありません。


② タイトルがすべて!?


 正直、タイトルを決めるのも苦手な私です。内容が異なっていても、タイトルを使い回す癖があり、私自身がワードを開くまで何が書かれているか分からないときもあります。

 そんな私ですが、稀にタイトルが一番に降りてくるときがあります。そのタイトルから連想する言葉を考え、物語を執筆していきます。

 例えばですが、文豪コロシアムに掲載しています『走れ少女よ。その水面は一瞬だ』は最初にタイトルを決めて執筆した小説です。私はこのタイトルから下記を連想しました。



 主人公は元陸上選手で、今は飛込みの選手としよう。次に陸上選手をやめ、飛込みの選手になった理由を考えました。


 ・骨の病気。それが原因でやめた


 上記を踏まえると、『主人公は元陸上選手であったが骨の病気になり、それが原因で辞めざるを得なかった。そして今は飛込みの選手となった』が決まりました。

 なぜ飛込みの選手なのだろうかと考えると、


『自暴自棄になった主人公を励ましたのが飛込み競技のコーチだったから』


 という設定が思いつき、次第にタイトルから話が広がっていきました。ここでようやく主人公の設定を考えることにし、性別を女性。年齢は十七、八と決めました。

 十七、八ということは女子高生であり、陸上は部活動でやっていたことにすると、物語の導入が私の中で決まっていきます。


 『主人公は女子高生で陸上部に所属し、大会に向けて練習していたがその最中に足を痛める。原因は骨の病気。右足を失うが、周りのサポートのお陰で希望を持ち始める物語。サポートの一人として飛込みを教えるコーチがいる』


 せっかくなら恋愛要素も入れたいと考え、主人公はそのコーチに恋をする設定も追加されました。そんな恋愛要素も加え、プロットが下記のように決まりました。



 あとは上記のプロットに沿って、肉付けしていきます。

 もとはタイトルだけしか思いついていませんでしたが、結果的に『走れ少女よ。その水面は一瞬だ』は完結することができました。

 執筆時間はタイトルを決めてから完結するまで、五時間程度でした。ただ途中で病気のことを調べたり、飛込み競技のことを調べたり、また苦手な分野でもあったため苦になることはありました。それでも『完結させること』を意識して、書き上げられたことは今の自信に繋がりました。

 

 以上が②タイトルがすべて!?になります。次回の③で私の創作論は終わりになりますが、最後まで読んでいただけると嬉しい限りです。何卒宜しくお願いいたします。ありがとうございました。

3×4=12 先生
X (旧Twitter) ID: @3x4wa12 

山梨県出身 慶應義塾大学経済学部卒  中学時代に携帯小説『野いちご』でPV数400万超・ミステリー部門連続1位を達成。 それから小説を執筆することはなく、1年以内に1つの賞を受賞することを目標に2022年9月に再び小説を執筆する。 2023年12月時点で、第1回文豪コロシアム優勝、ホラー&ミステリー短編大賞特別賞、第4回文芸思潮新人賞佳作、第32回岐阜県文芸祭小説部門入選を受賞する。 名前の由来は、応募した際に目立つかなと思い。